まとめてすっきリキレイに|オフィス配線の必要性

男の人

電話代の節約

2人の女性

固定電話の電話代は、基本料金と通話料を合算した金額になります。固定電話の電話代を安くするには、基本料金が安い電話回線を利用することが重要なポイントです。固定電話の電話回線には、ISDN回線とアナログ回線、光回線があります。この中で最も基本料金が高いのはISDN回線です。ISDN回線は基本料金は高くなりますが、1回線の契約で2回線使えることがメリットになります。ISDN回線は1回線の料金で2回線使えるため、電話とFAXを同時に使用することが可能です。電話だけでなくFAXもよく使うSOHOや店舗などはISDN回線が向いています。基本料金が最も安い回線は光回線になります。光回線を使用するにはインターネットも同時に契約することが必要です。光回線は固定電話の料金とインターネットの料金を安くしたい人に適しています。

固定電話は複数の電話会社がサービスを提供しています。固定電話の通話料は電話会社によって違いがあり、市内通話が安い電話会社や市外通話が安い電話会社があります。マイラインを利用すると、市内と県内、国内と海外の電話会社を自由に登録することができます。電話のかけ先に応じて電話会社を選択することができるので、マイラインに登録すると電話代が大幅に安くなります。固定電話から携帯電話に電話をかけることが多い場合は、携帯電話への通話料が安い電話会社を利用すると、電話代を節約できます。固定電話を引く際には、電話加入権に加入しておくと基本料金が安くなります。電話加入権は電話会社から購入できますが、業者から購入する方が大幅に安いです。業者から電話加入権を購入することによって、基本料金を安くすることができます。