まとめてすっきリキレイに|オフィス配線の必要性

男の人

停電で使用できて安いです

複数のPC

停電でも通話できます

携帯電話が普及するようになりまして、電話の在り方が大きく変化するようになりました。しかし固定電話については、現在でも7割以上の世帯が使用している報告があります。これほど多くの人が固定電話を使用しているのは、いくつかの理由が存在するからです。特に最近見直されているのが、固定電話のうちのアナログ回線を使用することです。アナログ回線はデジタル回線とは異なって、停電しても使用することができます。例えば昔の黒電話などは、確かに電気のケーブルを差し込む必要がありませんでした。その点で最近の日本では、大きな地震による停電が各地で発生しています。そうしたときでもアナログ回線であれば、問題なく通話することが可能です。

節約することも可能です

また固定電話には、ひかり電話というものがあります。ひかり電話の場合には、アナログ回線ではなくてデジタル回線を使用しています。そのため停電になると、ひかり電話は通話できません。しかし停電していない平常時には問題なく使用できますし、何よりも料金が格安になります。まず基本料金が5百円程度なので、アナログ回線の5分の1以下です。もちろんこの料金は、携帯電話よりも安い設定になっています。また通話料金についても、携帯電話よりも相対的に安くなっているのです。さらに固定電話の課題になっていた遠距離の通話料金が、市内の通話料金と同じ設定になっています。このように料金が安いので、固定電話を使用すると節約することも可能になります。